*

初めての派遣会社の選び方!大手5社の登録会へ行ってみた

公開日: : 最終更新日:2018/05/07 WORK&LIFE

 

労働問題が社会的な問題となっている今の社会で、
「派遣」という働き方は注目を集めています。

 

労働時間や責任の負荷が比較的軽かったり、派遣担当者のサポートを受けながら働けるというメリットもあり、
労働問題に苦しんだことのある人やライフスタイルの変化のために働き方を見直したいという人に合っているのです。

 

しかし、
2018年現在、派遣会社の事業所は全国に81,530箇所もあるので、
どの派遣会社を選べば良いのか判断するのが難しくなっています。

 

だからと言って、
良い派遣会社を選ぶことができないと、劣悪な職場環境に行ってしまったあげく辞めようとすると怒鳴って説教された、という事例もあるので気をつけなければなりません。

 

きちんと情報を集めて派遣会社を選ぶかどうかで、あなたの職業生活が変わってくるのです。

 

 

まずは大手が吉

 

特殊な技能を使う職業であったり、働きたい会社を絞っていないのであれば、まずは大手の派遣会社が良いです。

その理由を見ていきましょう。

 

(1)案件数が多い

選択肢が多い、という点で良い案件が見つかる可能性が高くなります。

案件数が少ない会社に比べて、はじめの職場に合わなかったときにもすぐに次を見つけて職場を移るということができるので、後々にも助かります。

 

(2)スタッフの教育が充実している

どの業界でも予算や仕組みの整っている大手企業は中小企業に比べてスタッフ教育が安定しています。

 

さらに、
社内で分業が進んでいたり、他企業とのつながりを生かして他派遣会社と差別化をすることによって業務の余裕を作り出していれば、派遣会社の担当者も余裕を持って業務をできている可能性は高いです。

 

余裕があれば、担当者一人当たりで受け持つ派遣スタッフの人数も制限されます。

 

1人の担当者で抱えきれないほどの派遣スタッフを担当していると、
サポートが追いつかないということも起こりうるので、問題も起こりやすくなります。

 

 

(3)時給が安定している

派遣社員として働く場合、派遣先企業から派遣会社へ報酬が払われて、
そこから派遣会社が手数料を引いて派遣社員へ給与が入ることになります。

ここでポイントとなるのが、
・派遣先企業から派遣会社へ支払われる報酬
・派遣会社から派遣社員へ払われる給与
の2つです。

 

大手派遣会社の中には「良い人を紹介します」ということで派遣先企業から高めの報酬を受けている会社もあります。

 

大手企業との強い繋がりを持っている派遣会社は安定して報酬が入ります。

 

派遣先企業からの報酬が高くなれば必然的に派遣社員へ支払われる給与にも反映されてくるのです。

 

 

大手5社の登録会へ行ってみた感想と選ぶポイント

 

ここは、個人的な感想になります。

 

基本的に今回の5社はどこの派遣会社も丁寧で安心して登録できました。

 

ただ、
求人の応募を急かすことが一社だけありましたが、じっくり考えてから回答する旨を伝えたところ納得してもらえました。

この会社は担当者一人当たりが受け持つ派遣社員の人数が他会社と比べて多いと言われる派遣会社だったので、
他大手会社と比べて若干余裕がなくなっているのかもしれませんね。

 

そして求人の相談や企業への訪問をしてみてサポートがかなり丁寧だったのが、
「リクルートスタッフィング」「アデコ」「パーソル」です。

 

多くの大手派遣会社が派遣先企業への営業担当と派遣社員への求人紹介担当で分担されていましたが、
「リクルートスタッフィング」はさらに登録会担当も別に設けられていました。

 

その分、若手の担当者の方もそれぞれの業務に長けている印象で、年齢に対しても経験豊富な印象を受けました。

 

「アデコ」と「パーソル」は登録会では経験豊富なベテランの方の対応で安心感がありました。

 

この3社は他情報からも丁寧なサポートという点からは評価されていますね^^

 

求人数と時給という点からは「スタッフサービス」という印象でした。

 

例えば、5社で同じ派遣先企業の同内容の求人を例にすると、
その企業はそれぞれの派遣会社へ求人を出しているようですが、派遣会社毎に掲載されている時給に最大で数百円の差が出ていました。

つまり、
派遣会社の手数料に差があるということです。

 

事例が少ないので推測になってしまいますが、派遣会社の手数料には差があるということが表れていました。

 

 

派遣会社を選ぶポイントは、
「何を重視するのか」という点です。

 

サポートの充実度をとるのか、時給か仕事内容か。

もしくは求人数の選択肢の数なのか。

 

あなたの求める職業生活を明確にして、それを満たしてくれる派遣会社を選ぶことが求められます。

 

 

 

良い会社かどうか確認を

 

企業の中にブラック企業と呼ばれる企業があるように、残念ながら派遣会社にもあります。

 

それらを見分けるために、まずはインターネットの検索エンジンで調べてみましょう。

 

今の時代はインターネットがあるので、悪い評判のある会社は検索すれば「この会社怪しいな」とわかることが多いです。

 

少しでも疑問に思う箇所がある会社は口コミサイト等で調べてみましょう。

 

 

担当になる人が最重要

 

派遣社員には派遣会社の担当者がつきますが、その担当者は基本的に派遣先企業へ営業に行っている人になります。

 

なので、
登録会や求人を探す際に会えることはないかもしれないので、事前に担当になる人がどんな人なのか気の合う人か確かめるのは難しいかもしれません。

 

しかし、
求人について電話で担当者に聞けないか登録会の時に質問してみても良いですし、
会社訪問へ行ってみれば、派遣会社の担当者もついてくることになります。

 

その地域内でも企業によって担当者は分担が別れていることが多いので、
いくつか会社訪問をして派遣担当者にも会ってみるのも良いかもしれませんね^^

 

気の合う担当者だとお互いに話をしやすいですし、
相談できるような担当者に出会えればより職場の不安も減るのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

多様な働き方が言われている時代で、派遣という働き方は求めるライフスタイルによっては選択肢の一つになります。

 

事前に情報を集めて、あなたに合う職場を見つけてみてはいかがでしょうか^^

 

関連記事

あなたの働き方改革に最適⁈”派遣”という働き方のメリット

「派遣切り」「ピンハネ」   かつて、ネガティブな言葉が飛び交っていた

記事を読む

仕事が辛いときに読みたい本5選

職場に悩む若者が溢れ、労働問題は年々増加しています。 政府が働き方改革は進めていますが

記事を読む

「ちょっと今から仕事やめてくる」名言で読み解く、仕事の悩み対策

  職場での悩みによる「うつ病」   「パワハラ」や「セクハラ

記事を読む

【新井見枝香さん】本屋大賞の実行委員も務める出版業界の風雲児(参考:セブンルール)

芥川賞・直木賞に並ぶ『新井賞』 独自の文学賞を設立して、今不況と言われる出版業界をも動か

記事を読む

【濱田祐太郎】視覚障害をもつ妻夫木聡似の漫談家!

先日、史上最多の3795名もの出場者を集めた『R-1ぐらんぷり2018』 大会で優勝して話

記事を読む

no image

あなたはブラック企業を見抜くことができる⁈ 入社前に見抜く方法3つ

  私たち労働者にとって大きな不安となっている 「パワハラ」「長時間労働」「過労死

記事を読む

うつ病でも仕事に就けるの⁈現代社会を生き抜くために必要な力とは

【今の労働環境って⁈】 厚生労働省の調査によると、2008年にはうつ病の患者数が104.1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【ジャイアンツファンフェスタ2018】チケットの取り方・倍率まとめ

毎年11月に行われるジャイアンツのファンフェスタ。 今年は

【チアダン出演の歌手・足立佳奈がかわいい!】プロフィールまとめ!

2014年の第1回「LINE×SONY MUSICオーディション」で1

【CRISISで注目のイケメン若手俳優・堀家一希】プロフィールまとめ!

今注目の若手俳優・堀家一希くん。 見たことあるなぁと思っていたら、

【歌手・ALLIがかわいい!】貧困の幼少期からの軌跡!歌声の動画も

「NEXT/BREAK AUDITION 2017」でグランプリに輝き

ドラマ”チアダン”で女優へ!伊原六花はCMデビューの動画も可愛い

3月に高校を卒業して、芸能界入りをした伊原六花さん。 まだあどけな

→もっと見る

    • English (United States)
    • 日本語
PAGE TOP ↑